洗浄・ブラスト工法

超高圧水による洗浄工法

SJ-V工法

SJ-V工法とは、超高圧水(80~100Mpa)を専用の洗浄ユニットで舗装表面に噴射、洗浄するクリーニング工法です。
超高圧水で洗浄するSJ-V工法には、「美観向上」だけではない「歩行の安全性」確保や透水性・保水性機能回復によるヒートアイランド現象の抑制といった「地球環境改善」など、さまざまな効果が期待できます。

特徴

SJ-V工法の洗浄機とは

同時に噴射と吸引を行う洗浄機械です

超高圧の洗浄水を噴射すると同時に汚水を吸引回収するSJ-V工法の専用ユニットは
飛沫しやすい泥水や粉塵などの飛散が無く、植栽や施設の周辺環境にも影響を及ぼしません。
同時吸引により舗装面は乾きやすく、目地砂の再補充作業も容易、早期の通行開放が可能です。

低騒音の工事

SJ-V工法は工事による振動がほとんど無く、騒音も小さいため周辺環境への負担も軽減した設計です。

少量の水で広範囲が洗浄できます

少量の水量で洗浄を行うエコロジー設計。
小型の洗浄ユニットを使用することで、交通を開放しながら1日約200㎡以上の範囲が洗浄可能です。

ブロック系舗装全般・各種景観材に適応

インターロッキングブロックをはじめ、コンクリート平板、天然石からタイル、レンガ等のブロック系舗装全般の洗浄に適応。
さらに縁石、側溝、階段、車止め、ベンチ、外柵、フラワーポット等のストリートファニチャーやモニュメント、外壁といった各種修景施設材のリニューアルにも優れた効果を発揮します。

効果

超高圧水で洗浄するSJ-V工法のさまざまな効果。

透水性・保水性舗装の機能回復

舗装面のさまざまな汚れの除去を行うことで、透水性・保水性舗装材が持つ本来の性能を回復、ヒートアイランド現象の抑制・緩和に貢献します。

すべり抵抗値の回復

経年変化で低下してしまう舗装材のすべり抵抗値をSV-J洗浄ユニットでは噴射圧の調整によって回復します。安全な歩行者の通行を実現します。

景観の回復、ガムや土砂等の付着物の除去

景観や美観を損なう舗装表面にこびりついた、しつこい汚れやガム等のさまざまな汚れを強力に除去、竣工当時の美しい景観・色調を再現。美しい風致を回復します。

目地から生える雑草、苔などの除去

ブロック系舗装材に多く発生する目地から生える雑草や苔を強力な高圧水により根元から除草できます。雑草や苔の除去で美しい景観を保ちます。

豊富な洗浄後のオプション工事もご用意

SV-J工法による洗浄後に汚れが付着しにくくする防汚コーティング、滑り抵抗値をより向上させる滑り防止コーティングから破損・欠損してしまった舗装材の補修工事まで幅広いオプションで美しく安全な街並みを創出いたします。

SJ-V洗浄ユニット
エアモーターによる回転洗浄で均一な施工を実現します
超高圧洗浄車
洗浄ユニットへ超高圧で送水する洗浄車
真空バキューム車
洗浄後の汚れを強力に吸引する真空バキューム車

洗浄前と洗浄後の浸透水量の比較

図-1は、神戸市内の歩道2箇所(A,B)で、施工後4年経過した透水性平板舗装で実施した、超高圧水による洗浄効果を示したものです。この図から、水圧を60MPa以上とすることにより、新設時のレベル(800~1,400ml)まで透水機能を回復できることが確認されています。透水機能の改善により、土中への保水性向上で、ヒートアイランド現象の抑制や、都市型洪水等の防止に貢献できると考えられます。
透水性インターロッキングブロックや平板舗装の場合は透水性アスファルト舗装のように交通荷重による目つぶれが生じないため、機能回復効果が大きくなると考えられます。

PDFのダウンロードはこちらから

施工事例

製品・施工情報トップへ戻る